尼崎 不動産 売却

尼崎市の不動産の売却価格を高くする方法

尼崎市 不動産売る

尼崎市 不動産 売りたい

尼崎市 不動産 相場

尼崎市 不動産 売買

尼崎市 不動産 査定

 

 

尼崎市の不動産会社を検索すると、480件以上ヒットします。
この中から良い不動産屋を選び出すのは至難の業です。

 

こんなに沢山の不動産会社から、どうやって1社に絞りこめばいいのでしょう?

 

当然ですが優良な不動産屋でなければなりません。しかしすべての不動産屋の口コミを調べるなんてできません。
ではどうやって理想の不動産屋を探せばいいのでしょう?

 

自分の理想に近い不動産会社を探す方法が不動産一括査定です。

 

不動産の情報を入力するだけで、その不動産の査定価格を複数の優良不動産会社から取る事ができます。
複数の会社から査定してもらうことで、その不動産の相場や最高値が一目瞭然です。

 

まずは60秒査定をしてみませんか?

 

尼崎市 不動産 買取り

 

 

宅地建物取引士(宅建士)とその仕事

 

尼崎市 不動産 宅建士

 

不動産屋には不動産の売買について説明してくれる宅建士がいます。
宅建士とは「宅地建物取引士」の略称で、国土交通省が創設した宅地建物取引業法に基づく国家資格です。

 

主な仕事は、土地や建物の売買は高額なため、専門知識や売買の経験のないお客様が多額の不利益を被らないように重要事項を説明して売買を円滑にすることです。

 

ちなみに宅建士の合格率は例年15〜17%となっています。
宅建士のバッジは土地を模した四角形色はシルバで日本の国花である菊をモチーフにしています。
さらに中央には全宅連のシンボルであるハトマークが施されています。

 

宅建士になるには宅建試験に合格する必要があり、さらに宅建士になるには試験開催地の都道府県に登録手続きを行い、知事から取引士証の交付を受けなければなりません。

 

宅建士は、宅地建物取引業者いわゆる不動産会社で土地や建物の売買・賃貸物件のあっせんなどの業務を行っています。
この重要事項の説明ができるのは、宅建士だけです。

 

 

土地家屋調査士とその仕事

 

土地家屋調査士

 

不動産を売買する際に関係が深くなる人物には宅建士だけでなく、土地家屋調査士もいます。

 

土地家屋調査士とは、土地家屋調査士法に基づく国家資格で、合格率は例年3〜7%と非常に狭き門です。
土地家屋調査士のバッジには、五三の桐の中央に「測」の文字が入っています。

 

土地家屋調査士の仕事内容は、依頼を受けて不動産の表題登記を行うために必要な測量をした後、図面を書き、登記申請書を書いて登記手続きを行うことです。

 

不動産(土地や建物)の面積や形状、所在や状況などの状態をあらわすための「表題登記」をするため、対象物件の調査や測量に出かけます。

 

土地の境界杭の位置の確認や、面積の測量、境界杭を定める交渉なども行います。

 

建物の土地との位置関係や各階の形状などを測量します。

 

これら測量したものをきちんと図化し、登記申請書とともに法務局に提出することによって不動産の表題登記を申請することができます。

 

この土地家屋調査士になるためには、土地家屋調査士試験に合格するか法務省の職員として登記事務に関わった経験を基に法務大臣の認定を受ける必要があります。

 

そして土地家屋調査士として仕事をするためには、「土地家屋調査士会」へ入会して日本土地家屋調査士会連合会に備える土地家屋調査士名簿に登録を受けなければなりません。